2人目は予定日より早くなる?スピード出産?次男*出産レポ

投稿者:

2016年5月7日(土) AM7:31

予定日当日、まさかの3732gで産まれました!!
長男を超えるbig baby!

 

〈Sponsored Link〉



 

陣痛が始まって4時間、病院に着いて1時間半の超安産でした。
一応、記録を。誰の役にも立たないかもですが。

 

 

 


【5/7】
・1:30
前日、長男とともに早く寝たので、お腹が空いて目が覚める。
朝食用のパンをがっつり食べる。
録画していた番組を見たり本を読んでダラダラ。

・3:30
軽く陣痛が始まる。既に10分間隔。でも全然痛くないレベル。
とりあえずベッドに入って寝ようと試みるが、なんせ10分間隔なので寝られず。旦那を起こすか迷う。

・4:30
旦那を起こす。
母親に連絡すると『すぐ行きます』と秒速で返信。
4月末からビールも飲まずスタンばってくれていた。笑

・5:30
母親到着。
全然我慢できる痛みだけど、間隔がどんどん狭まってくる。
一応病院へ電話すると、前回早かったので朝食持ってとりあえず診察に来てと。

長男はまだ寝ていたので母親に託す。

・6:00
コンビニでおにぎりを買って旦那と車で病院へ。 動いたからか結構痛くなってくる。
NSTを付けて助産師さんの内診。子宮口6cm。結構きてるやん!と思った。
確かに陣痛が来るとかなり痛くなってきてる。

着替えの為に病室に移動させられたので『この部屋で今から痛みに耐えるんか…』と覚悟していると、すぐに分娩室へ案内される。
助産師さんに『すぐお産になると思うから』と言われたものの、期待して時間がかかると嫌なので信じないと心に決める。
でも陣痛が来ると動けない。助産師さんが腰をさすってくれる手があったかくて最高すぎた。

分娩室は長男同様、畳に布団が敷いてある和室。
横向きで痛みに耐えながら旦那に腰をさすってもらう。けどやっぱり助産師さんのあのあったかい手が最高すぎて、旦那にイラつく。
助産師さんが(良い意味で)淡々と状況を説明しながら導いてくれて、私自身も冷静に痛みと向き合いながら流れに乗れました◎

もう出てきそう~!と言うと、もういきんでいいよと言われたので『え!もういいんですか!?』と思わず聞き返す。笑
そんなに進んでるんや…とやっと助産師さんの言葉を信用し始める。

羊水がジャバーっと出たのもはっきりわかった。

『今、羊水出ましたよー。きれいな羊水ですよー。』これを言われた時、何というか、この助産師さんで良かったと思った。心がほっこりした。痛いけど。

『痛みのピークでいきんでー!』と言われるも、前回より進むスピードが早く、陣痛と陣痛の間隔があまり無くてどこがピークなのかわからない。
とりあえず早くこの痛みから解放されたい一心でいきみまくる。頭が出てらその下が挟まった状態の時が最強に痛かった。悶絶ってこういう時に使うんだわ、と不思議と頭は冷静。体は制御不能。
助産師さんが時計をチラチラ見始めたので『もう終わる!?』と希望が見えた気がしたので、めっちゃ頑張る。
そうこうしているとすぐ、無事に産まれ胎盤も無事に出る。

『あぁ、終わった。人生最後の出産が終わった!もうこの痛みは一生経験しません!』と。頭の中はそればっかり駆け巡っていた。笑

 

 

〈Sponsored Link〉



 

 

カンガルーケア中、先生が登場!裂けたので縫ってもらう。先生も『今から麻酔をして縫いますからねー。ちょっとだけチクっとしますよ。』と説明してくれ、とっても安心できた。



我ながら進むスピードが早かったな〜と思えたのと、最初から最後まで冷静でいられたことに驚き。
時間が短い分、体力の消耗も少なかったのかもしれません。

長男の時には立ち会えなかった旦那が側にいたので、手を握り潰しながら陣痛に耐え、『痛い痛いー!』と大袈裟にアッピールしてやった。

 

が、ここから恐れていた後陣痛地獄の始まり始まり。
なぜか1人目から後陣痛が酷く、もちろん今回も覚悟しまくってはいたけれど、産後30分も経たないうちに痛くなり始める。
お昼ごはんまでは痛み止めを飲めないと言われ、痛すぎて隠れて飲もうかと何回思ったことか。
陣痛に耐える時間よりも後陣痛に耐える時間の方が確実に長くて半泣き状態。いや、実際泣いた。
助産師さんに『こんなにも痛いんです!』と必死のアピールも虚しく、お昼まで痛み止めは飲ませてもらえなかった当たり前。

 

後陣痛が落ち着くと、次は乳首地獄の始まり始まり。
なかなか上手く咥えさせられないのもあり、2人目でも普通に痛い。
母乳の出も1人目ほど良くない気もします。

ただ、2人目だと少し余裕があり、泣いていてもすぐ抱かないと!とも思わず。
なんせ下半身が辛くて動きがスローなもんで、結構泣かせっぱなし。

 

それでも1番気にかかるのは長男のこと。
赤ちゃんに対面すると、戸惑い半分、物珍しさ半分といった感じでした。
入院中ぐらいゆっくりさせてもらいたい気持ちもあるけれど、家に帰って夜は長男といてあげたい気持ちになります。

 

〈Sponsored Link〉



 

 


▶️ポチっとお願いします♬
人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です