IKEAと東京インテリア家具 ≪プレイエリア比較 -IKEA編-

投稿者:

週末、IKEAとその真ん前にできた東京インテリア家具へ行ってきました。目的は買物ではなくキッズスペース。

両プレイエリアをレポしたいと思います。

まずはIKEA編。

 

行ったのはIKEA神戸。IKEAのキッズスペースは『スモーランド』という名前です。

 

概要

  • 満4歳〜10歳が利用可能
  • 保護者の付き添い不要
  • 最大1時間
  • 無料!!!
  • 平日 10:00~19:00(最終入場18:00)
  • 土日祝 9:00~21:00(最終入場20:00)

 

利用条件

  • 満4歳~10歳
  • トイレトレーニングが完全に終了している
  • スモーランドでの約束が守れる

 

〈Sponsored Link〉




 

それでは手順を説明していきたいと思います!

 

①チケットを取る

人数分のチケットを取ります。

我が家が行ったのは日曜日。オープンすぐの9時頃に行って10番でした。

 

繁忙期はチケットの番号によって受付時間が決まっています。(写真参照)

今回はすぐに番号が呼ばれましたが、番号が遅いと受付時間にまた戻って来ないといけません。

受付予定時間を過ぎるとキャンセル扱いになるので注意。

 

②申し込み用紙を記入する

住所・電話番号、子供の名前や生年月日等を記入。

最後に署名をします。そこへサインをした人しかお迎えができないので注意。

 

③受付

番号が呼ばれたら受付へ。

申し込み用紙をチェックされ、『スモーランド内にもトイレがあります。1人で行けますか?』と確認されました。

 

こちらの↓紙に書いてあることをお子さんへ説明して下さいとのことなので、本人にきちんと説明しましょう。

 

裏には保護者への案内

 

〈Sponsored Link〉




 

 

ボックスを渡され、鞄・靴などの荷物を入れます。

長男、このあたりから早く入りたくてウズウズ。

 

胸には名前を書いたシール

名前の下の数字は荷物を入れたボックスナンバーです。

 

そしていよいよ入場!

先ほどのボックスを自分で入れてスタートです♪

 

残念ながら中の様子は撮影禁止。外の窓からはちらっと見られます。

きちんとスタッフさんが様子を見てくれている印象でした。

 

ポケベルを渡される

利用時間は〇時〇分までと言われ、その際にポケベルを渡されます。

このベルは緊急用。緊急時にのみ鳴り、鳴ったら戻ってきてくださいという合図。

(フードコートのように終了時間になると鳴るわけではありません。)

実際にベルが鳴ったお母さんが戻ってこられていました。スモーランド利用中の子供が出たいと言ってグズっていた様子。

 

〈Sponsored Link〉




 

お迎え

お迎えは入場した場所か買物ルート途中の二か所どちらか。

買い物の進み具合によって決められます。

最初に署名した紙がベルに入っているので再度署名し提出します。

 

長男の反応

スモーランド内にはIKEA商品のおままごとを始めとするおもちゃやクッションもあったようです。

大きな遊具は順番待ちが嫌でやらなかったとのこと。

『ボールプールは楽しかった。けど、ほとんどトムとジェリーのDVD見てた。』そうです。

え、、、笑

 

 

中では喉が渇いたらお水を貰えるらしく、長男曰く『お兄さんに言ったら順番に貰えた』そう。

反応は薄めでしたが楽しかったとのことでした。

 

 


IKEAへ行くたびに4歳になったら行こうねと言っていたスモーランド。長男の念願が叶い、それなりに楽しめたようでなによりでした。

とにかく無料というのが魅力的!

しかも要所要所に『預かる』という表現が使われており、『買物を楽しむために預かる』というコンセプトが感じられました。

休日は混むので朝一、オープンと同時に行くのがおすすめ。

預けて、人が少ないうちに買物ルートを回ると効率的!

 

IKEAと東京インテリア家具 ≪プレイエリア比較 -東京インテリア家具編-

↑良ければこちらも読んでみて下さい。

 

 

⏬ポチっとお願いします♬

人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です