結露でカビてしまったカーテンをカビ取り剤で漂白する

投稿者:

こんにちは。
朝晩ぐっと冷えるようになりました。

朝起きると、寝室の結露が大変なことになっています。
毎朝、使い古したマイクロファイバーのタオルで拭いて、換気して、日が当たればやっと乾く、といた具合。

それでも我が家はベッドの配置上、カーテンに結露が付き、レースカーテンがカビてしまいます。

カビてしまったレースカーテン。我が家はこうして洗います。
(かなりの荒療治なので真似する場合は自己責任でよろしくどうぞ。)

 

用意するもの

  • カビ取り剤(泡で出るタイプ)

 

  • 薄手のゴム手袋

  〈Sponsored Link〉



 

これぞ黒カビ!

 

カーテンの下の部分。
こんな風にポツポツとした黒カビが発生しています

さぁ!綺麗にして行きましょう。

 

①ゴム手袋を装着し、カビ取り剤を吹きかける

もったいぶらずににガンガン吹きかける。

※換気をしっかりしましょう

 

②もみ込む

黒カビの範囲が広いので、カビ取り剤が行き渡るようにもみ込みます。

 

  〈Sponsored Link〉



 

③20分ほど置く

漂白したいのは裾だけなので、こんな状態で放置。
次男に引っ張られないようにするのが大変だった。

ついでに漂白したい物もその辺の泡に潜ませています。

 

④水洗いし、洗濯機へ

カビ取り剤を洗い流したら、ネットに入れて洗濯。

我が家のカーテン、洗濯表示は『手洗い』ですが洗濯機の標準コースで回しました。
※洗濯表示を見て自己責任で洗濯して下さい

 

真っ白に!

黒カビが全て消え、真っ白になりました♪

 

 

  〈Sponsored Link〉




冬場は結露が毎日毎朝ストレスです。

結露を取る、ちりとりみたいな便利グッズを使っていたこともあるのですが、最終的にマイクロファイバーのタオルで拭くのが一番手っ取り早い。という結論に至りました。
マイクロファイバーのタオルも、使い古してぞうきんにする物。
そしてワンシーズンで捨てます。

それでもレースカーテンには黒カビが発生します。
今シーズンはあと何回漂白しないといけないのやら、、、

 

 


▶️ランキングに参加しています♬
人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です