次男*1歳半健診で言葉の遅れをチェックされる

投稿者:

次男1歳7ヶ月。1歳半健診に行ってきました。

神戸市は1歳7ヶ月頃に受けるよう通知が来ます。
指定された日が都合がつかない場合は、別の日に変更してもらうこともできます。

 

1歳半健診ですること
  • 身体測定
  • 歯科検診
  • 小児科医の診察
  • 保健師さんの問診(積み木、指さしなど)
  • フッ素塗布(希望者のみ、500円)

 

〈Sponsored Link〉



 

 

身体測定

  • 身長 80.5cm
  • 体重 11,420g
  • 頭囲 48.6cm
  • 胸囲 52.4cm

身長は小さめ、体重は重め、とのこと。ずんぐりむっくり

ちなみに長男は身長87.1cmの体重13,715gという、考えられないくらいの大きさでしたw

 

 

歯科検診・小児科医の診察

特に問題なし。
まだ全ての歯は生え揃っていませんでした

 

 

〈Sponsored Link〉



 

保健師さんの問診

積み木を積めるか
これが1歳半健診の代表的なイメージですよね?

昔のグリコの箱くらいの大きさ(赤と白のサイコロだった箱!わかるかな?)の小さな積み木を3つ渡されます。
次男はもっと積ませろ!と横の積み木も積んでいました。

 

イラストの指さし
電車・車・ジュース・魚・靴・犬のイラストが描かれた紙を見せ、指をさすかを確認します。

魚の本来の姿は見たことないよな・・・と思っていたら、意外とわかっていました。
たぶん保育園のおかげ。
靴のイラストが大人の靴だったので、自分の足を指さしていました。
一応、理解しているということですね。

 

言葉の少なさを指摘される

指摘というのは少し大げさな表現ですが、出ていることばが少ないとのこと。

意味のある言葉が3つほど出ているのが目安なんだそうです。
次男は『まんま』ぐらい。その他は『あ!あ!』と指をさして訴えてきます。
こちらの言うことはほぼ完全に理解をしています。

保健師さん曰く、話しかけられたことは理解をしているので、ことばが出始めたら早いでしょうとのこと。
2歳頃に、言葉の確認の為に電話が入る旨を伝えられました。

母としてはそこまで気にしていませんでしたが、ああいった場で言われると少なからずショックを受けますね。
これが第一子だったら気にしすぎるんだろうなぁ。

 

〈Sponsored Link〉



 

嫌でも比べてしまう状況

区役所で行う集団健診は4ヶ月健診・1歳半健診・3歳児健診。(市区町村によって違うかも)
毎回、嫌でも他の子と比べてしまう自分がいます。
あらゆる成長具合や行動、聞き分けの良し悪しなど。

少し大きくなれば何でもないことばかり、大人になったら色んな人がいるということに気付くのに、どうして小さいうちは比べてしまうんでしょうか。

成長が早くても遅くても、モヤモヤした何とも言えない気分になる。
健診へ行くたびに感じてしまいます。

他の子と比べるのではなく、その子自身の過去と比べて、成長を喜ぶべきなのに。

 

 


この健診で感じたのは、次男に対していつまでも赤ちゃん扱いで接している自分の姿でした。

長男の成長具合がどうだったかをすっかり忘れてしまっているのですが、1人目の時は早く大きくなって欲しい、早くコミュニケーションを取れるようになって欲しい、と強く思っていました。
なので、そういう接し方をしていたのかな。

2人目の次男。当たり前ですが、長男と比べるととても幼い。
そして我が家では最後の子供の次男。まだ、かわいい赤ちゃんでいて欲しいと思うあまり、無意識に接し方がそういう扱いになっていたのかもしれません。

言葉の発達については、焦らず見守っていこうと思います。




▶️ポチっとお願いします♬
人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です