子供の散髪に便利な排水口ネット

投稿者:

あけましておめでとうございます。
新年早々、実家でぐーたらしております。

 

年末に家で長男の散髪をしました。
いわゆるホームカットというやつです。
複雑な髪型にはできないので、もっぱら坊主。

カット代がかからない、冬でもドライヤー不要、誰にでも可愛がってもらえる。坊主、結構おすすめです。

 

〈Sponsored Link〉

 

 

お風呂場で散髪

我が家はお風呂場で散髪をします。

長男は裸、散髪係の父はパンツ。長男をお風呂いすに座らせます。(冬場は暖房をつけます)

坊主なので、バリカンでサクっと。

 

水洗いできるものがおすすめ。ガサツなB型母は水道でサッと洗うのみです。

アダプターがたくさんついているのですが、それらを駆使できない父と母。もっと安いバリカンにしても良かったな。

 

 

排水口ネットで髪の毛をキャッチ

お風呂場で散髪する理由は、髪の毛の処理が楽だから。


↑こんな風に床には髪の毛だらけ。

 

〈Sponsored Link〉

 

 

散髪を始める前に、排水口のゴミ受けにキッチンのゴミ取りネット(水切りネット)を装着しておきます。

ぴったりフィットするストッキングタイプがおすすめ。
排水口のゴミ受けをしっかり覆っておきましょう。

散髪し終えたら、シャワーで髪の毛を排水口へ流す。

 そして、水切りネットを捨てるだけ◎
目の細かいストッキングタイプなので、短髪の長男の髪もしっかりキャッチしてくれます。

 

〈Sponsored Link〉

 

 

最初は、フローリングの上で散髪し、掃除機で髪の毛を片付けたりもしていました。
でも結局、長男をシャワーで洗い流すとお風呂の排水口に髪の毛が溜まる。
それなら、最初からお風呂でカットすれば良いんじゃ?という結論に至りました。

 

 


元々、ホームカットを始めたのは長男が2歳になる前頃。
毛が太く、伸びるのが早い長男。年齢的にも性格的にもお店で大人しくカットできる気がしなかったので、仕方なく家で切り始めました。
初めの頃はバリカンの音と落ちてくる髪の毛を嫌がり、泣きながらのカットでした。
家でもこれだけ嫌がるのだから、お店でも泣き叫ぶだろう、同じ疲れるなら家で疲れる方が人の目も気にならないし、、、とホームカットを続けています。

そろそろお店でどう?と言っても拒否されています。
時間もかからないし節約になるし、まぁいいっか。

 

 


▶️ポチっとお願いします♬
人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です