ホテル レオマの森に宿泊 !!繁忙期は夕食時間に要注意!!

投稿者:

3連休の2日目、2月11日から1泊でレオマの森へ宿泊しました。
レオマの森とは、NEWレオマワールドの敷地内にある大江戸温泉物語の宿泊施設です。

宿泊の際に夕食時間で予想外なことが起こり、少し困りました。
子連れの方にはぜひ注意してもらいたいので、そのことを重点的に書いていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

部屋を和モダンルームにグレードアップ!なのに…

大江戸温泉物語というリーズナブルなお宿なので、今回は少しグレードアップした『和モダン』のお部屋にしてみました。


↑お子達は入るなりはしゃぎまくり。

和モダンルームは最上階にあり、畳敷きではなくフローリングの部屋。
少し小上がりになった所に布団が敷いてあります。

ただ、この少しの段差が乳児には要注意。
次男(1歳9ヶ月)は、はしゃぎまくるので、ベッドの上から降りる時に軽く転倒していました。
大したことは無いのですが、いちいち見守っていないといけないのが面倒で。(ゆっくりお酒飲みたいし…)
しっかりと段差を降りられる2歳以降なら心配ないかと思います。

そして、せっかくグレードアップしたにも関わらず、長男は『何にもないもっと広いお部屋が良かった』ですって
つまり、普通の和室&布団が良かったそうです。

 

Sponsored Link

 

冬でも入れるホテル内の温水プール

レオマの森は大規模な宿泊施設で、ホテル内に温水プールがあります。

エリアを仕切られたプールではなく、とてもオープンな空間。ギャラリーから見学できますが、結構遠いです。
浮き輪のレンタルは500円です。

空調が効いているものの、この時期はさすがに寒かったようです。
プールの奥にはジャグジーがあり、長男と父はほとんどジャグジーに入っていました。(次男と母は上のギャラリーから見学)

 

プールからそのまま温泉へ入れる

冷えているからすぐに温泉に入りたい!という時も大丈夫。
プールから直接、温泉へ行くことができます。


↑写真のピンクの◯か温泉のメイン入口。
プールから直接行くには、黄色の矢印の階段を上ります。そこにプール専用の入口があります。
濡れたままでも行けるのが便利なのですが、扉を開けるとすぐに温泉。
手持ちの荷物は温泉を通って、まず脱衣所へ置きに行かなければいけないです。

 

Sponsored Link

 

 

夕食時間に注意!早めにフロントで希望時間を確保すべし

そして、週末・連休などの繁忙期に宿泊する方は要要要注意!!!

レオマの森のチェックインは15時。
我が家は15時すぎにチェックインしたにも関わらず、夕食時間の予約がほぼ埋まっており、選べませんでした。

バイキングなので1時間ごとぐらいに枠が区切られており、先着順で時間を選びます。
しかし17〜20時頃のベストな時間帯の枠は一切取れず、20時半からの枠しか選べませんでした。
子連れで20時半はキツいな…次男が寝てしまいそうだな…と思ったけれど、仕方ない。

でもなぜ?チェックイン開始直後なのに、既に予約がいっぱいなのか?
事前に夕食時間の予約ができたのかを聞いてみると、事前予約はしていないとのこと。

???????

まだチェックインしていない人は大勢いるはずなのに、なぜ??と疑問が湧き、フロントマンにグイグイ聞く母。(すいません)

その理由は、、、
レオマの森の宿泊は、レオマワールドのチケット付きのプランで泊まる人が多く、そのチケットはレオマの森のフロントでの受け取りが必要。
なので、レオマワールドに入る直前、つまりチェックイン前(たいていは午前中ですよね)にチケットを取りにフロントへ行きます。その際に夕食時間を予約しているのだそう。
(ちなみに、朝食時間もその際に予約します。)

我が家もレオマワールドのチケット付きのプランでしたが、宿泊日の翌日に行く計画でした。。。

予定外すぎるけど仕方ない。
遅い夕食と割り切り、プール・温泉・ゲームコーナーを一通り楽しみ、父と母は部屋でビールを、お子達はひたすらはしゃいで過ごしました。

繁忙期にレオマの森へ行かれる方はお気をつけください。特に小さい子供連れの方。
念のために行く前に確認した方が良いかもしれません。

 

⏬ポチっとお願いします♬

人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です