ベトジェットエアでハノイ旅行をしてきました✈

投稿者:

昨年末のこと。仕事を納めた翌日からベトナムのハノイへ旅行に行ってきました
お子達を置いて。
ななななんと、わたくし、お子達なしで海外旅行へ行ったのです。
実家や父にお子達をお願いし、薄情な母やな~と冗談半分本気半分で言われ、父も決して快く送り出してくれたわけでもない。
強行突破で行ってきました。
昨年は仕事・育児・家事に限界を感じ、心が何度折れたことか。
この状況がしばらく続くのはもちろんわかっている。誰もが通る苦悩なのだろうけれど、人一倍忍耐力の無い母にはとてもとても辛い状況でした。
新年の活力として、あらゆるしがらみから一時だけでも開放されたくて、海外へ行ってきました。
誰にどう思われても良い。お子達と離れて気持ちをリセットしたかった。

 

Sponsored Link

 

ベトジェットエアの直行便でハノイまで

2018年11月に関空ハノイ間に就航したLCCのベトジェットエア
ベトナム国内では、ベトナム航空に次ぐ第二位のシェアです。
今回はパッケージツアーで利用しました。

VJ939  KIX9:20-HAN13:05
定刻通りに出発しました。
搭乗してから離陸まで、機内ではベトナムの歌と碧いうさぎ(のりピーのやつ)が交互に流れていました。

今どきなぜ蒼いうさぎ??ヘビーローテションすぎ、しつこすぎ。笑
つっこみドコロ満載。碧いうさぎはベトジェット1番の謎でした。

年末ということもあってか、座席はほぼ満席。乗客はベトナムの人が多い印象。帰国に使う人が多いのかな。
シートは3列・3列の並びで、足元のスペースは狭め。
チェックイン時に何も伝えなかった為、同行者と共に窓側から2席での座席でした。
飛行時間6時間弱なのでトイレに絶対行きたくなる。でも座席ピッチも通路も狭いので、トイレに立つのも一苦労。
とっても気を遣うので、通路側を指定すれば良かったと後悔。

 

Sponsored Link

 

機内食・飲み物は提供されません

LCCなので機内食は無し。
途中で機内が暑くなってきたので、缶ビールを頼んでみました。

ベトナムでメジャーなサイゴンスペシャル
ビールは常温で、まさかの氷入りの紙コップと共に手渡されました。
飲みやすい味でした。
50,000ドン≒約250円
ベトナム国内で買えば1缶50円くらいなので、かなり割高ですね。通りで誰も飲んでいないわけね。
機内食の詳細はこちら
子供服が可愛い◎

 

Sponsored Link

 

乗務員が良い意味でラフ

VietjetのCAさんの制服は、女性はポロシャツ風のものにチェックのショートパンツ。とても動きやすそうな制服です。


出典:VietjetAir.com

髪型は大手キャリアのようにかっちりはしておらず、ダウンスタイルや微妙な色の茶髪の人も。
なんせ機内食や飲み物の提供は無いので、客室乗務員との接触はあまりありませんが、見た感じ、良い意味であっさり。
特にトイレに行った時、トイレ前で談笑するCAさん達が超ラフ!思わず笑ってしまいました。
仕切りの無いスペースで3人のCAさんが座りながらおしゃべりしていたのですが、あれ?ここ休憩室かな?という感じでした。笑
個人的にはLCCってこんな感じなのね〜と、嫌な気持ちは全くしなかったですが、フルサービスキャリアに慣れていて、それを期待する人にはおすすめしないです。

 

復路はタラップから搭乗

VJ938  HAN1:40-KIX7:50
ハノイのノイバイ空港からの搭乗は、搭乗口からバスに乗り、屋外へ出てからタラップを上って機内へ入りました。(パッセンジャーステップというらしい)

小雨が降っていて良い写真は撮れませんでしたが、初めてのタラップからの搭乗。良い経験になりました◎

帰りの座席は通路側にしようと思い、チェックイン時に伝えたつもりでしたが、全く伝わっておらず(笑)またしても窓側から並びの2席。
離陸後、横並び3席全てが空席だった席に移動させてもらい、気を遣わずに過ごせました。
帰りの飛行時間は4時間ほど。深夜便の為、寝ていればあっという間でした。なんならもう少し寝たかったぐらい。



ハノイ・ノイバイ空港について

出入国ともにとても時間がかかりました。
入国審査は大多数が同じレーンに並ぶ為、大行列。
1時間以上並んだと思います。
出国に関しては、出国審査は入国ほどかかりませんでしたが、出国審査後のセキュリティチェックが大大大行列。
ゲートが2つあり、チェックイン時に指定されたゲートへ進むのですが、こちらは大行列だったのに比べ、もう1つのゲートはさほど混んでいなかった。
帰りは深夜便なので時間はかからないだろうと思っていましたが、ノイバイ空港は深夜便も多く、見た感じ午前2時代まで飛んでいるようでした。

セキュリティチェックを抜けたエリアは、フロアが驚くほど横長。
飲食店や複数のお土産屋さんが並んでおり、お土産屋さんの品揃えはどこも似たり寄ったりです。もちろん市街地よりも値段は高め。
キッズエリアもあり、ちょっとした遊具が置かれています。



何年ぶりだろう?というくらい久々の海外旅行でした。
関空の出入国が機械になっていて、出入国スタンプを押されなくなっていてびっくり。スタンプが欲しい場合は、押してもらいに行くというシステムになっていました。

これから少しずつハノイ旅行のことを書いていこうと思います*

 

▼ランキングに参加しています!

人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です