子連れ白浜旅行**足を延ばして和歌山電鉄に乗ってきました

投稿者:

2月の連休のこと。子連れ旅行in白浜
長男が産まれてから白浜へ旅行するのも既に3回目。
アドベンチャーワールドのイルカショーが好きで、何度も見たくなるんですよね。
2年半ぶりにアドベンチャーワールドへ行ったら、イルカショーのバックに飛行機が離着陸するようになっていて、母かなりテンション上がりました。

その他の白浜の観光スポットは行き尽くした感があるので、今回は和歌山市の和歌山電鐵へ足を延ばしてみました。

 

Sponsored Link

 

2018年にリ二ューアルしたホテルシーモアに宿泊

今回はSHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMOREに宿泊

リニューアルされていて綺麗なのはもちろん、入り口からロビーから、落ち着いた色味でおしゃれ。
スタッフの方のユニフォームがボーダーロンTにデニムだったのも印象的でした。

我が家が泊まったのは、改修されていない和室でしたが、広くて良かったです。
部屋にはタブレットとスマホが設置してあり、自由に使えます。今どき~!
お子達大喜びでYouTubeを見ていました。(履歴は勝手に消えるみたい)



食事は朝夕ともにバイキング。
子供イス、お皿、カトラリー類あり。
ポテト・パスタ・ピザなど、お子達が好きなメニューもありました。母の個人的な意見としては、お刺身が欲しかったなー。

温泉も広くて気持ちよかった!
無料の岩盤浴もあります。
露天風呂に出るまで少し距離があり、季節的に極寒。立って入れる露天風呂で、なかなか楽しいんですが、ただただ体が冷えただけだったので、冬場は辛いです。
もう一点気になったのが、脱衣所を出てすぐが階段になっていること。
ヨチヨチ歩きの子供やお年寄りには少し怖いなぁという印象でした。

その他に、足湯や湯上がり処(寝転んで漫画を読める)などもあり、特にプレイルームにお子達大喜び。長男が卓球に目覚め、寝ても覚めても『卓球やろー!』と言っていました。

 

▼備え付けの浴衣が似合いすぎる次男(昭和顔)

 

Sponsored Link

 

ローカルな和歌山電鉄貴志川線に子鉄は大喜び

たま駅長で有名な和歌山電鐵。
電車ブーム真っ只中の子鉄次男が大喜び。
和歌山駅から終点の貴志駅まで、片道30分ほど。1日乗車券で往復しました。

▼往路は『いちご電車』に乗車

内装もいちごだらけで可愛い

道中の揺れが凄くて、吊り革がガチャガチャ当たるほど。それがまたお子達には楽しかったようです。
酔いやすい子は要注意。

▼貴志駅には、たま駅長ことニタマちゃんがいます

貴志駅でグッズを買い、お茶をして、和歌山駅へ戻りました。

▼復路は『チャギントン電車』に乗車

 

Sponsored Link

 

▼タイミングが合わず乗れなかった『たま電車』

他にも、おもちゃ電車やうめ星電車など、見た目も内装も可愛い電車が走っています。
HPで各電車の運行時間を確認してから行くのがオススメ。

休日の昼間の乗車でしたが、人はさほど多くなく、ゆったり乗れました。
月齢小さめの子鉄(1~2歳)と一緒に乗るのに最適な電車です◎



久しぶりの温泉旅行でした。
長男と次男どちらと温泉に入るかで、ゆったりできるかできないか天国と地獄、運命が変わります。(次男と入ると全くゆっくりできない)
必死で長男をこちらへおびき寄せ、天国を勝ち取りました。
あと数年もすれば、お子達は自ら男風呂へ行くんでしょうけど。

 

▼ランキングに参加しています

人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください